人気のプログラム内容

会場や費用など、基本的なことが決まったら、いよいよ二次会のプログラム内容を決めていきます。参加するゲストに「いい二次会だった」と思ってもらうためのポイントのひとつは泣ける場面、笑える場面を用意すること。人は泣いたり笑ったり、感情が刺激されるとき、感動を味わいます。

プロフィールビデオ映像やサプライズビデオレターなどを上映してしっかりと涙を誘い、後半に全員参加型のゲームを組み込んで盛り上げましょう。その間にスピーチやゲストの余興などを組み込み、メリハリをつけるといいでしょう。

さて、後半に組み込むゲームですが、勝った人がもらえる景品を準備しておくと一気に盛り上がります。景品の選び方ですが、いくつか目玉景品を準備し、ゲストの視線を引きつけるとよいでしょう。そのほかにサブ景品を準備します。景品はみんなに行き渡るようにチープなものをたくさん準備するよりも、もらってうれしい、ちょっぴり高価なものを少しだけ準備する方が盛り上がります。いくつか笑いを誘う小物や肩たたき券などを混ぜ込んでもおもしろいでしょう。

二次会のゲームでもらえる景品は、二次会の盛り上がりを左右するポイントになります。ここは予算内に抑えつつも、魅力的なものを準備したいものです。

推奨HP|二次会景品販売サイト〔MY ROOM〕


コメントは受け付けていません。